バラ色日報・月曜日 自己肯定感を上げる一番簡単な方法

f:id:yasuko659:20200622160500j:plain
Photo by Aidan Formigoni on Unsplash


※あざといタイトルでごめんなさい。

あくまで「私に向く方法」で、誰にでも万能じゃないかもしれませんが、
「おお、これは!」
と思ったので。

満足感がある日とそうじゃない日の違い

毎日の満足感。なかなか上がりません。

でも、けっこう日によって違いませんか?

それで、「満足感がある日とそうじゃない日の違い」を注意深く観察してみました。

すると、とても小さなことだったんです。

記録を残す

私の場合、
「家計簿アプリをその日に入力」
「家事などの、ちょっとした備忘録をEvernoteに残す」
「予定がどれだけできた、明日はこれをやる、という記録を残す」
といったことができているかどうか。

これが満足度を大きく左右していることがわかりました。


自分でも意外でした。

細かいことは苦手だし、わりと何でも「一気にやって早く成果を出したい」タイプだったので、小さなことがそんなに影響しているとは。

続ければ自己肯定感が上がる

それで思い出したのは、20代の頃に参加したセミナーで言われた先生の言葉。

「自己肯定感を上げるには、どんな小さなことでもいいから自分と約束をして、それを守る」


たとえば、「靴を脱いだら揃える」と決める。

決めたら、毎日たとえ他のことはできなくても必ずそれだけは続ける。

そうすれば、自己肯定感は育つのだそうです。

「満足感のある日」を積み重ねれば、自己肯定感が上がる

もちろん、この時も試してみたんですが、結果は…あまり変わりませんでした。


今思えば、「自分との約束」の選び方がよくなかったかもしれません。

「それをやると、満足感が上がるかどうか」

が大事だった気がします。


どんなことでもいい。
「これをすると自分をほめたくなる」
「うれしくなる」
「気持ちが満たされる」

――そういう何かを、選んで続けてみてください。

私も、「小さな記録」を続けて、自分の変化を観察します。