バラ色日報・金曜日 締め切り効果、再開

f:id:yasuko659:20200518164135j:plain
Photo by Melissa Askew on Unsplash

関西でも、ようやく緊急事態宣言が解除されることになりました。
各施設の対応はさまざまです。

即再開のところもあれば、もともと今月末まで休業予定だったので、来月からというところも。


いつもお世話になっている市立図書館も、「6月15日まで休館」の予定だったので、早まることはないだろう、とのんびり構えていたら、オットが突然
「明日図書館に行ってくる。再開したから、予約の本を7日間以内に借りに来いって」
と言うではないですか。


えーと。まだブログの記事書けてないんですけど?!
返さなければいけない本は、ものすごく難航している『デジタル・ミニマリスト: 本当に大切なことに集中する』。
読み終わってはいますが、本が手もとにあるうちにブログをUPしたい。


それからはもう必死のパッチ*1で書きました。書きましたとも。
やっとUPできました!
book.yasuko659.com


4月に全然本が読めなくて、

「ああこれは、図書館が休館で
『期限までに返さなきゃ!』
という締め切り効果がなくなったからだな」

と思っていたんですが、
book.yasuko659.com

突然締め切りが再開されました。


また図書館の本を借りられるのは幸せなこと。
適度なプレッシャーを感じながら、読みます*2

*1:すみません、関西圏でしかわからない言い回しで。詳しく知りたい方はこちらをご覧ください→ 謎の関西弁「必死のパッチ」の正しい意味と使い方 - NAVER まとめ

*2:新たな予約はまだ受付されてないんですけどね