バラ色日報・火曜日 時間を計ろう

f:id:yasuko659:20200512072915j:plain
unsplash-logoNathan Fertig

自分のために使えるまとまった時間は、朝しかありません。

起きる時間によって変動するのはしかたありませんが、
「今日は早起きできた!」
と思ったのに、なぜか大したこともできずに時間切れになることもしばしば。


最近、
「…もしかして“パーキンソンの法則”が発動してる?」
と気がつきました。
okugoe.com



「いつもは30分しかないけど、今日は1時間ある」
という時に
「倍のことができる!」
と思いがちですが、
実は
「1時間あっても、できることは同じ」
になりやすい、ということですね。


心当たりあります。
「今日は時間があるからゆっくりやろう♪」
と思ったり、
のんびり構えていたら結局
「時間がなくなった!」
と慌てたり。

意外に時間がない時の方が、逆にテンポよくできることが多い。


合間に家事をしながらではありますが、ヘタすると2時間くらいかけてるのに「今日の予定」がちゃんと決まってなかったりするんですよね…。


スマホの利用時間と同じですが、たぶん意識せずに何かムダなことをしている気がします。
まずは現状把握が必要です。


うまく行けば、「30分でこれをやろう」と決めることで締切効果も期待できそう。


今まで、ざっくり「朝活」というくくりだけで細かく分けていなかったので、それを分けることから始めようと思います。